2022シャフト・グリップ

WINN DRI-TAC 2.0

スポーツティエムシー

2022/04/08

優れた耐久性と軟らかい感触の両立したwinn史上、最も耐久性に優れ、握り心地を追求した『ドライタック 2.0』

winn史上、最も耐久性に優れ握り心地を追求したグリップ

ウィングリップを展開するスポーツティエムシーは4月、新たなラインアップとして『ドライタック2.0』を発売する。昨年発売した『ドライタックLT』がテーパーレス形状だったのに対して、今回の『ドライタック2.0』はテーパー形状で、さらに同ブランド史上、最も耐久性に優れ握り心地を追求したモデルだという。

そのラインアップも圧巻で、

■ジャンボサイズ「10DT2―BK/GY」※日本限定サイズ
■キングサイズ「8DT2―BK/NV」※日本限定サイズ
■オーバーサイズ「7DT2―BK?RD」
■ミッドサイズ「6DT2―BK/SB」
■スタンダードサイズ「5DT2―BK/OR」
■アンダーサイズ「3DT2―NV/PK」

の6種類を発売。同社によれば、

「近年人気の〝軟らかい感触のグリップ〟は、手によく馴染み、最適な力加減でグリップすることが可能です。そのことにより、余計な力みがとれ、理想的なスイングを実現させます。しかし、軟らかさを追求するが故に、耐久性が劣りがちでした。ウィンはこの問題を解決すべく、長年の研究開発の末、〝軟らかさ〟と〝耐久性〟の両方を維持できる新素材『DRY―ETX 2.0』を開発し、『ドライタック2.0』を作り上げました。

また、米国モデルの性能はそのまま、日本だけの仕様として『日本限定カラー、日本限定サイズ、バックライン有り(ジャンボサイズ除く)』を取り入れ、米国との差をつけました。特に重量は、太さを変えてもグリップ重量が変わらないように、ジャンボサイズからスタンダードサイズまで重さを48g±2gに統一し、日本モデルだけの特別仕様となっております」

ウィングリップは軟らかいがゆえに、耐久性を懸念するゴルファーが散見されたのは確かだ。新素材の開発で、その懸念が解消された『ドラ イタック2.0』は、新たなウィンのユーザー拡大に大きく寄与するプロダクトといえるだろう。


スポーツティエムシー

ページのトップへ